読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めに

どうもこんにちは、TN:nanです。

 

【主な成績】

s8総合4位:9569

【各最高レート】

シングル2150ダブル2000トリプル1950

ローテ1850

 

ここでは、簡単にこのブログについて説明しておこうと思います。

 

 

1996年2月27日にポケモンというゲームが初めて発売

今ではレート環境が配備され多くの人が毎日のようにしのぎを削っています。

 

ゲームというものには少なからず、"終わり"というものが存在します。

それは

「ストーリー上のエンディング」

または

「プレイヤーの"飽き"」

によるものだと思います。

特にこのゲームにおいては後者の色が強いと思います。

 

毎シーズンレート活動を行うにあたって、1番この"飽き"を招きやすいのがPTのマンネリ化だと僕は思います。

 

それを防ぐ為に色々な個体やPTを日々考察しているのですが、

いかんせん、それぞれの調整を忘れてしまうことの非常に多いこと!

 

 

そこで、このブログに今まで使用したPTや個体について記そうと決めたワケです

 

 

メモの意味合いが大きいですが、どこかの誰かさんの為になれば幸いです。

 

あと質問等あれば@nandec091まで

【WCS】最高1987,コータスドレディアの限界+S1環境雑記

f:id:nandec091:20170117221540p:image

こんにちは〜

EMOLGAMEでも紹介されたのですが、自分のブログでのメモとして(構築は全く同じ内容です_(┐「ε:)_

記事としてはあちらの方が非常にみやすいです笑

http://blog.livedoor.jp/emolgame/archives/10893006.html

 

【構築経緯】

XY時僕

「あぁみんな噴火ドラン使い過ぎやろおおおおれにもよこせえええええええ、かわりにコータスしかいねええええええよえええええええ」

 

SM発売時僕

「え、あのクソ亀が日照り…??これはついに奴に陽の目が当たるのか(上手い)」

 

コータス+ドレディアの並び強いやん!!しかもヤレユータンで采配噴火のロマン!!これはコータス使うしない!!」

 

「ドレコー選出以外でも使えるptで優勝だ!」

 

 

初期のpt

f:id:nandec091:20170118103807g:imagef:id:nandec091:20170118103813g:imagef:id:nandec091:20170118103824g:imagef:id:nandec091:20170118103827g:imagef:id:nandec091:20170118103831g:imagef:id:nandec091:20170118103840g:image

 

(´-`).。oO(ヤレユータントリル+シルヴァティで鉢巻爆発→死に出しコータス噴火+采配て最強じゃね…?)

 

まわしてみた結果

f:id:nandec091:20170118122129p:image

 

pt全体のスピードが遅いのでトリル展開が出来なかった時や、トリルが切れて上から殴られるという事が多くて厳しいものが多かったし、上手い雨パには手も足も出なかった()

(シルヴァティ爆発は不発しがちだったので雪崩と蜻蛉くらいしか撃ってなかった……)

1位が1900の時にmax1750くらい

 

次のpt

f:id:nandec091:20170118103807g:imagef:id:nandec091:20170118103813g:imagef:id:nandec091:20170118103831g:imagef:id:nandec091:20170118110725g:imagef:id:nandec091:20170118110734g:imagef:id:nandec091:20170118103840g:image

 

爆発が出来ないシルヴァティと置物になりがちだったユータンを解雇し、雨に強い電気枠+龍枠を追加

 

(´-`).。oO(さっきより見た目だいぶ強そうやしいけるいける)

 

回してみた結果

f:id:nandec091:20170118122618p:image

 

増えてきたスカーフテテフやレヒレなどのフェアリーに対しての打点がなく、また氷の一貫性が高過ぎて解散。

最高レート1830くらい

 

最終案

f:id:nandec091:20170118103807g:imagef:id:nandec091:20170118103813g:imagef:id:nandec091:20170118110734g:imagef:id:nandec091:20170118111712g:imagef:id:nandec091:20170118111718g:imagef:id:nandec091:20170118103840g:image

 

 受け出しが難しかったデンジュモクと氷&水が重たいバンバドロを解雇し、マンダと相性が良くフェアリーに対して打点が持てるベトベトン、数値が高く幅広い相手に対して選出出来てスイッチトリル展開が狙えるポリ2を組み込んでみました。

 

回してみた結果

f:id:nandec091:20170118125257j:image

他の4匹のシナジーがかなり良かったのでコータスドレディアを選出出来ない時もそう簡単に負けないようになりました。

最高レート1987

 

 

 

 

 

【個別解説】

 

 

f:id:nandec091:20170117221713g:image

コータス

 性格:冷静(S0個体)
実数値:177-*-160-150-91-22
努力値:H252 C252 D4
特性: 日照り
持ち物:木炭
技構成:噴火 熱風 ソーラービーム 守る

 

このコータスの噴火>C特化球ドランの噴火という魅力的な火力を持つこの構築の核。

初手選出の際はドレディアサポートで場を乱して後ろのスカーフテテフの圏内へ。

スイッチトリル選出の時は裏で最後の掃除役として立ち回る。

元々のSが遅い為サポート無しでの使用はかなり難しく、サポート役が倒れた後に変に温存しようとして受け回ししてもあまり恩恵はないので取捨選択が大事

(上位は炎の通りがあまり良く無いことが多いので、ソーラービームの枠はもし控えめ個体採用なら少しsに振って殻を破るにしてみたい)

 

 

 

 f:id:nandec091:20170117221742g:image

ドレディア
性格:控えめ
実数値:145-*-95-178-96-142
努力値:C252 D4 S252
特性: 葉緑素
持ち物:気合の襷
技構成:リーフストーム 眠り粉 お先にどうぞ 守る

 

基本的には初手のコータス+ドレディアの並び以外では選出しない。

持ち物は草Z、襷、広角レンズがメジャーだが個人的にはやや不利な場面でも強引に動かせまた眠り粉などの試行回数が重ねられる「襷一択」。

環境にあまりミラーがいない点と、無振りコケコ、H振りレヒレなどへの乱数が大きく変わるので性格は控えめ。

 

 

f:id:nandec091:20170117221804g:image

ボーマンダ

性格:臆病
実数値:171-*-100-162-100-167
努力値:H4 C252 S252
特性: 威嚇
持ち物:ドラゴンZ
技構成:流星群 火炎放射 ハイドロポンプ 守る

 

ウインディベトベトン、オニシズクモ、カミツルギなどに対して強い駒。

 コータス+ドレディアが選出出来ない時は基本的に先発で呼ぶウインディガブリアスに対して威嚇が刺さる。

後述するベトベトンとの並びが優秀で、呼ぶフェアリーやポリ2をケアしてもらい、逆に威嚇でベトベトンの物理耐久や呼ぶ地面技をマンダでカバーした。

ハイドロポンプが身代わりになってる個体がメジャーだが、

初手ウインディ+α、α→レヒレ後出しでドラゴンZをケアするみたいな動きが多いので、ミストフィールドに関係せずに打てるよう採用した。

威嚇込みでガブリアスのドラクロは耐えるが割とギリギリの数値なので変に受け回し過ぎると縛られてしまうので注意。

 

 

f:id:nandec091:20170117221835g:image

カプ・テテフ 
性格:控えめ
実数値:145-*-95-200-135-147
努力値:B4 C252 S252
特性: サイコメイカー
持ち物:拘りスカーフ
技構成:サイコキネシス サイコショック ムーンフォース マジカルシャイン

 

裏からの掃除役として選出

また特性を活かして、初手のコータス+ドレディアに対して猫騙しなどでうごきをとめようとしてくる場合や、フィールドで催眠対策をしている相手などに対して裏から投げたりする。

構築としてやや重たいウツロイドやフェローチェを見る為にもスカーフ以外での運用は厳しい。

環境にスカーフテテフが増えて来たので臆病での採用もあり。

(早く潜りたかったのでフェスサークルを全然進めておらず実際使用した個体は3v、D20というかなり弱めのテテフで、眼鏡レヒレの濁流を2耐え出来ずに泣きました)

 

 

 f:id:nandec091:20170117221859g:image

ポリゴン2
性格:控えめ
実数値:191-*-110-172-115-82
努力値:H244 C252 S12
特性: ダウンロード
持ち物:進化の輝石
技構成:トライアタック 冷凍ビーム 10万ボルト シャドーボール(トリックルーム)

 

砂や霰を意識して16n-1

元々耐久がかなりあるのでCに厚めに振ることで削り役として非常に優秀になり、ボーマンダのドラゴンZや裏のテテフやコータスの圏内に入れる事が狙い。

最初は環境にRガラガラが多かったのでシャドーボールを採用していたが、シーズン終盤ではあまり見なくなったのでコータスのスイッチトリル展開を狙うことに。

10万は呼ぶ挑発持ちのギャラやテッカグヤ、雨パなどへの対応として採用。

 冷ビ、毒毒、再生、トリルの耐久振りが多いのでCに厚く範囲の広いポリ2は非常に使いやすかった。

 

f:id:nandec091:20170117221950g:image

ベトベトンR
性格:意地っ張り
実数値:212-172-95-*-120-71
努力値:H252 A252 S4
特性:食いしん坊
持ち物:バンジの実
技構成:毒づき/はたき落とす/影打ち/守る

 

カプシリーズなどのフェアリーに対して強く、特性と持ち物のおかげで場持ちや繰り出し性能がかなり良く、ptのクッションとしてまた削り役として活躍してくれた。

 調整に関してはあまりいいものが思いつかなかったのでとりあえずのHAぶっぱだがそこまでの不満はなかった(ミラー時もお互いに大したダメージを与えられるわけではないので)

影打ちを撃ちたい場面は多いが、サイコメイカーで撃てなくなる事も多かったので立ち回りは重要。

(影打ちを封印や小さくなるにするのも強いと思った)

 

【基本選出】

炎の通りが良い時

 表:f:id:nandec091:20170117222020g:image+f:id:nandec091:20170117222057g:image

裏:f:id:nandec091:20170117222124g:image

 

ドレディアの眠り粉やお先にどうぞでコータスをサポートしつつ出来るだけ場を乱したあとに裏のスカーフテテフ、ボーマンダで詰めていく。

ウインディ+レヒレのような並びできた場合は

コータス戻して→テテフ

眠り粉→ウインディで対応、

仮に外したとしても襷で次ターンの行動が保障されているので安心出来る。

もし控えめから破コータスなら

コータス→破る

ドレディアリフスト→レヒレで次のターンから強そう

  

 

トリックルーム+高速アタッカーが多い相手

 

表:f:id:nandec091:20170117222218g:image+f:id:nandec091:20170117222240g:image

裏:f:id:nandec091:20170117222356g:image+f:id:nandec091:20170117222020g:image

 

コータス+ドレディアの時とは違ってコータスを詰め筋として展開していく。

基本的にこのルールで1番遅いトリルアタッカーはコータスなので、相手がトリル展開をする前に上からある程度削りコータスの圏内に入れて行く。

 

それ以外の時(基本選出)

表:f:id:nandec091:20170117222218g:image+f:id:nandec091:20170117222240g:image

裏:f:id:nandec091:20170117222356g:image+f:id:nandec091:20170117222124g:image

 

ボーマンダ+ポリ2+ベトベトンで受け回して削った後テテフで一掃するのが筋

コータス+ドレディアの並びを見せる事で相手はウインディ+レヒレ、ガブ+コケコ、ガブ+ウインディの様な選出が多いのでこれらに刺さる威嚇+汎用性の高いポリ2で選出。

上記のような並びに関しては威嚇だけ入れてすぐにベトベトンに引くのが吉。

 

【感想】

コータス+ドレディアの並びは対策してない相手に対しては圧倒的な強さを感じますが、上位層になるとそうそう簡単には選出出来ずかなり厳しいものがありました。

しかし一方でこれらはかなりの選出誘導になり特に相手の初手の並びが絞り込めるのが一番の強みだと感じました。

流行りのウインディレヒレなどをメタれる並びなどが出て来れば再び日照り亀に陽が当たる日がくるかもしれません(上手い)

 

 

 

 

 

【結論】

コータス+ドレディアはそんなに強くない

あくまで「採用理由は愛」で、上位とある程度は渡り歩ける程度です_(┐「ε:)_

 

 

 

 

 

 【おまけ】

シーズン1が終わってちょっと自分のメモを兼ねて環境雑記です。

主に環境の移ろいや型などのメモです。
(シーズン1は320戦ほど戦って、1850〜1980の所謂上位レート帯で150戦ほどうろうろしていた僕の完璧な主観によるものでふ)

 

 

ウインディ+レヒレ急増

 

f:id:nandec091:20170117232323g:imagef:id:nandec091:20170117232415g:image

↓進化

f:id:nandec091:20170117232155g:imagef:id:nandec091:20170117232441g:image

シーズン序盤は数が多かったガラガラ、セットでギャラドスが組み込まれる事がチラホラとあったがシーズン終盤には数が激減し代わりにウインディ+レヒレの並びが急増。

 

ウインディは鉢巻=炎Z≫お盆=突撃チョッキ>球=防塵ゴーグルくらいのイメージ。

 

○レヒレは眼鏡:食べ残し:お盆=4:3:2くらいのイメージ。

 

 

 ・高速スカーフ増加

 

序盤〜中盤

f:id:nandec091:20170117234020g:image

(へっへっへ、上からスカーフで縛ってやるぜ)

f:id:nandec091:20170117234137g:imagef:id:nandec091:20170117234139g:imagef:id:nandec091:20170117234142g:imagef:id:nandec091:20170117234145g:image

(ひええ〜)

 

 

終盤

f:id:nandec091:20170117234137g:imagef:id:nandec091:20170117234139g:imagef:id:nandec091:20170117234142g:imagef:id:nandec091:20170117234145g:image

(縛ったと思ったか?)

f:id:nandec091:20170117234020g:image

(ひええ〜)

 

中盤ごろからスカーフテテフがかなり増え始め、それの後を追うようにテテフより速いスカーフ持ちの数がかなり増えてきたように感じます。またそれに伴ってかテテフのスカーフの割合が少し下がった気もします。

 

○テテフ:スカーフ=眼鏡=球>エスパーZ

(球の挑発持ちと耐久振り眼鏡が増えた印象)

 

 

ガブリアス:スカーフ≧地面Z>突撃チョッキ

シーズン序盤で多かった突撃チョッキ持ちが消えスカーフ持ちが1番多くなった印象。

動きとしては6世代のランドロスのように雪崩を撃ってくる罪深さを感じた。

 

○ウツロイド:襷>スカーフ≧球

B種族値の低さから襷持ちが多いが、ウインディ+レヒレやボーマンダガブリアスなどを上から見れる事からシーズン後半から数が増えてきた。

 

○カミツルギ:襷>球≧スカーフ>草Z≫突撃チョッキ

草Zの数がかなり減った印象。

テテフやガブがスカーフを持つのでこいつもスカーフを持ち始めたと思う

 

○フェローチェ:襷=格闘Z≫スカーフ=球

そこまで数は見ないけどスカーフ持ちが少し増えた印象。

 

 

 今後はどう環境が変わるんでしょうかね…?(バルジーナとか増えそう)

 

 

 

最後に

 

 f:id:nandec091:20170118000536j:image

(セジュンのクワガタは何をするつもりだったんでしょうか…?)

【ローテ】Rotation Championship使用構築〜重力ボルトガブクチートfeat.なんたこすがおいしい季節〜

f:id:nandec091:20161116105425p:image

 

こんにちは、今回はローテレ1800↑もしくは週末大会優勝者のみで開かれたRCS(シングルでいう22杯)で使用した構築の紹介になります。

 【ローテ】1853到達構築【シーズン5】 - なんたこすがおいしい季節

(並びなどは僕の友人である彼女の構築を参考にしました)

 

以下個別紹介

 f:id:nandec091:20161116113910g:image

霊獣ボルトロス@眼鏡

特性:蓄電

性格:臆病

努力値:CSぶっぱ

技:10万ボルト/雷/悪の波動/気合玉

 

電気地面の一貫を切りキッスを牽制する枠

眼鏡を持たせる事で並々ならぬ火力を持ち削り役として優秀なやつ(バシャーモくらいなら10万ボルトで確定1)

雷はH252ミトム、H252メガクチ、H4メガボーマンダなどを飛ばすことが出来るので初手から強気にアドを取りに行く際に使用

重力とのある程度のシナジーあり

 

 f:id:nandec091:20161116113916g:image

ガブリアス@球

特性:鮫肌

性格:意地っ張り

努力値:A220,B60,S228

技:逆鱗/地震/ストーンエッジ/ダブルチョップ

調整:H252-B4ギルガルド確1、準速サザン抜き

 

ポケモン会の主人公でありローテの王様

重力選出以外の時に打ち分けをしたかったので球を選択

ギルガルドを一撃で倒したかったのとトリル下で相手のガブやレボルトより先に動けるよう調整

PTとしてクチートギルガルドなどの処理が重たいので、あまり容易に動かすのはよくない。

 

  

 f:id:nandec091:20161116113919g:image

クチート@メガ石

特性:威嚇

性格:勇敢

努力値:HAぶっぱ(最遅)

技:じゃれつく/叩き落とす/不意打ち/剣舞

 

ローテ最強のメガシンカ

剣舞を積みトリル展開からのフィニッシュが勝ちパターン

弱点がメジャーな地面なのでトリル下以外で容易に動かさないようにする。

 

 

 f:id:nandec091:20161116113923g:image

クレセリア@オボン

特性:浮遊

性格:穏やか

努力値:H252,C156,D100

技:サイキネ/冷ビ/トリックルーム/重力

調整:補正ありC252ガルドのシャドボお盆込み2耐え、補正ありA252Mガルーラの捨て身お盆込み2耐え

 

PTの鍵となるポケモン

場持ちを意識してオボン、最低限のCを確保

 

あくまでトリル展開がメインなので、重力サポートのし過ぎでトリル打つ前に倒されないように気をつける。

 

 f:id:nandec091:20161116113929g:image

エルフーン@食べ残し

特性:悪戯心

性格:図太い

努力値:HBぶっぱ

技:ムーンフォース/草笛/宿り木/身代わり

 

ガブリアスに有利なモフモフ

じしんで身代わりが割れるかどうかでガブリアスが拘っているか判断できる

補正ありA252Mガルーラの捨て身確定耐え、補正ありA252ファイアローのブレバ確定耐えなど耐久に厚めに割くことで襷を使わずとも試行回数を稼ぐことが出来、草笛→身代わりで眠ったまま居座る相手に対してリスクを冒さずにアドを取っていける。

草笛でのサポートがメインだが、選出されがちなサザンドラなどをムーンフォースで分からせることも出来る

 

 f:id:nandec091:20161116113932g:image

シャンデラ@風船

特性:もらい火

性格:臆病

努力値:HSぶっぱ

技:影玉/クリアスモッグ/身代わり/小さくなる

 

風船を持たせる事でガルーラに強気に立ち回ることができ、展開が遅い相手や小さくなるミラーに対しての回答として採用。

今大会では選出せず。

 

 

【選出】

選出1

f:id:nandec091:20161116114840g:imagef:id:nandec091:20161116114843g:imagef:id:nandec091:20161116114848g:image
f:id:nandec091:20161116114859g:image

なんたこすの並びその1

技の通りが良さそうなら基本的にはこれ

立ち回りはURLを参考に

 

選出2

 表f:id:nandec091:20161116114938g:imagef:id:nandec091:20161116115019g:imagef:id:nandec091:20161116114848g:image

f:id:nandec091:20161116114859g:image

なんたこすの並びその2

ガルーラスタンや展開が遅そうな相手に

こちらも上の記事を参考に

 

 選出3

f:id:nandec091:20161116115513g:imagef:id:nandec091:20161116115512g:imagef:id:nandec091:20161116115530g:image

f:id:nandec091:20161116115536g:image

上2つで選出出来ない時の基本選出

重力展開から草笛+地震で削っていき、裏からのクチートでフィニッシュを狙う

 

 

【対戦レポート】

わたらいさん:勝ち

 表

 初手の択で苦手なバシャーモを突破しあとはクチートで詰めていった。

 

かぎっこさん:勝ち

 表

かなり追い込まれるもトリルクチートで詰めきった。

 

こまちさん:負け


強気な択を通され、陽気球耐えギルガルドに意地球ガブを合わせるも乱数で耐えられリカバー仕切れずに惨敗。

 

弥生さん:負け

 表

 催眠したガルーラと催眠したガブリアスに上手く合わせるも2者とも早起きで上手くアドを活かしきれず惜敗。

 

れもんあめくん:勝ち


上手くクチートにガブを合わせられこちらのクチートの一貫を活かしてトリル展開からのフィニッシュ。相手の型にもよるが恐らくガブリアスが不意打ちで乱数で落ちていたので運が良かった。

 

【あとがき】

ローテを始めたきっかけは総合レートをする為に挑戦してみたのがきっかけでした。

リア友で上記の記事にあるなんたこす(ローテの姫)から色々と教わりながらローテを始めたのがとても懐かしいです。

今回はoras最後のローテという事で僕の師匠でもあるこの構築をオマージュして使用しました。

並びは流石の強さだったのですが、今までほとんどガルーラしか使っておらず僕の実力足らずでクチートを上手く使いこなせなくあまり良い結果じゃなかったことがちょっと心残りです笑

 

そういえば、新作ではローテは無くなってしまうらしいですね。

総合レートをやってる時は苦行に感じていたローテーションバトルですが、

いわゆるローテ勢の方々は他の界隈の方々と比べると比較的物腰が柔らかくてそんな人たちとローテを通して交流出来たのはとても良かったですし、いざ無くなるとなるとやはりちょっと淋しいものがありますね…(*_*)(*_*)

 

ローテ勢の方々とはSMでもまた別の形で交流出来たらな、と思います。

最後に企画運営してくださったさこみんさんありがとうございます。お疲れ様でした!

さようならローテ!ありがとうローテ!

 

  

 

【GS】PCL使用構築、ありがとう6世代

f:id:nandec091:20160924131852p:image

 

こんにちは、久しくポケモンから離れてましたTN:nanです。

 

今回はPCLのGS部門で使用した構築のメモになります。

 

<主な戦績>

部内予選〜本戦リーグ

19勝5敗

スペシャルレート

max1920くらい(対戦数多め)

 

以下個別紹介です

 

 

 f:id:nandec091:20160924165913g:image

ガルーラ@メガ石

性格:陽気

特性:精神力→親子愛

技:猫騙し/捨て身タックル/不意打ち/守る

努力値:ASぶっぱ

 

このptの主軸

基本的に選出はガルーラ+α

 

特性はライチュウレパルダスマニューラなどガルーラより速い猫持ちとの初手対面が多いので精神力で確定(強い人はガルーラにはあまり打ってきませんが笑)

 

技は相方をサポートできる「猫騙し」と火力重視の「捨て身タックル」が確定

繰り出しが難しくさらにGSにおいて貴重な物理打点としてガルーラを大切にしたかったので「守る」を選択

ラストは終盤で相手を縛ることができる「不意打ち」

 

(カイオーガ+ナットレイが死ぬほど重たいので「けたぐり」が欲しい場面が多々あったがそれ以外の場面であまり使用しないので採用せず)

 

GSはSラインが90代のものが非常に多いのでガルーラは最速1択

 

 

 

 f:id:nandec091:20160924170143g:image

ゼルネアス@パワフルハーブ

性格:控えめ

特性:フェアリーオーラ

技:ムンフォ/マジシャ/ジオコン/守る

調整:cぶっぱ、最速ドーブル+1、余りHB

 

所長(ホモ)からお借りした個体

調整はハッサムの鉢巻バレパン耐えだとか…??

 

相手のゼルネアスより遅いことが多いが、色々計算してみるとA-1メガクチートのアイヘ耐え、メガゲンの反吐爆が低乱数など意外といい線いってたのでこのまま採用(本人は知らなかったらしい笑)

 

このルールは"いかにゼルネアスで積んで押していけるか"という面が色濃く、逆に相手のゼルネアスに隙を見せるとほぼ終わると言っても過言では無いです。

 

ガルーラやモロバレルでサポートしながらこいつをゴリ押していくのがこのptの勝ち筋です。

 

 

 

 f:id:nandec091:20160924170153g:image

カイオーガ@藍色の球

性格:控えめ

特性:あめふらし→始まりの海

技:潮吹き/根源の波動/冷凍ビーム/守る

調整:HBぶっぱ

 

ptの2匹目の禁伝

追い風やモロバレルのサポートで噴射して行く

 

相手のptにグラードンが見える場合は絶対にそいつが場に出てくるまで我慢する

もう一方の禁伝をゼルネアスにしているので、グラードンが割と早い段階で出て来やすい

 

技は個人的にこれで確定(最初は自己暗示で夢を見たかったが現実は厳しく志なかばで断念笑)

熱湯が欲しくなることもあるが波動を当てれば問題なし。

 

 

 f:id:nandec091:20160924170200g:image

モロバレル@オボン

性格:生意気

特性:再生力

技:草結び/胞子/怒りの粉/†お先にどうぞ†

調整:最遅、HB:ゲンシグラードンのダブルダメ断崖の剣オボンこみ2耐え、余りD

 

対トリパ&サポートのプロ

相手にボーマンダが居なければ基本的に選出した。

 

最遅ドータクンよりも遅いので神秘のみでモロバレルを対策しているトリパに対して、積んだゼルネや、カイオーガを必殺の†お先にどうぞ†

でサポートし倒す事が出来る。

 

認知度が非常に低く誰にも警戒されないのでうまく決まる事が多く、一種の安定した勝ちパターンを作る事ができた。

 

 

 

f:id:nandec091:20160924170309g:image

ボーマンダ@メガ石

性格:無邪気

特性:威嚇→スカイスキン

技:捨て身/ハイボ/流星群/守る

調整:CSぶっぱ

 

相手のptにものすごく刺さっている時(グラ+レックなど)にのみ選出するぽこもん(選出率圧倒的最下位)

 

特性、耐性ともに非常に優秀だが、ゼルネアスに弱いことと、不意のめざぱに弱いことから余り信用はならない笑

レックウザを縛るために最速安定

 

ほぼ見せポケに近いがちゃんと6v個体

 

 

 

 f:id:nandec091:20160924170258g:image

ファイアロー@命の珠

性格:意地っ張り

特性:疾風の翼

技:ブレバ/フレドラ/追い風/ファストガード

調整:ASぶっぱ

 

モロバレルで難しい時はこいつを選出

 

ゼルネに積まれた後でも上から縛る事が出来るえらい子。

「守る」が欲しくなるが個人的に技はこれで確定

追い風とファスガでサポートをして行くのがメイン(初手追い風は横取りの餌食になりやすいので注意)

 

 

【選出】

 基本的には

初手f:id:nandec091:20160924170318g:imagef:id:nandec091:20160924170324g:image

控えf:id:nandec091:20160924170333g:imagef:id:nandec091:20160924170335g:image

猫+ジオコン展開を狙い、ゼルネ→守る+ガルーラ→バレル引きから、バレルでサポートしながらゼルネ展開を狙う。

トリパは先制胞子や、お先にどうぞで立ち回る

 

バレル選出が厳しい時

初手f:id:nandec091:20160924170318g:imagef:id:nandec091:20160924170743g:image

控えf:id:nandec091:20160924170324g:imagef:id:nandec091:20160924170333g:image

 で選出

 

グラードン入りに対してカイオーガは基本的に死に出し以外で場に出さない(鉄則)

 

あと、最後の最後までドーブル入りのptに対する回答がちゃんと出せず、負け試合はほとんどドーブル入りだった気がします(*_*)(*_*)

最強ポケモンはこいつかもしれませんね笑

 

【あとがき】

 

僕らのPCLの結果は本戦リーグ3位敗退でした。

個人勝数の合計があと少し多ければ決勝トーナメントだったてのと、

うちのサークルはかなり強い自信があったのとでやや悔しいです笑

来年度に期待ですね

 

僕個人としては今回初めてGSルールを真剣に取り組んだのですが、普段のダブルとはptパワーが全然違いとても楽しめました。

運営者の皆様はお疲れ様です。

 

 

ちなみに、世間では6世代が終わったようですね(*_*)
忙しくて最後は余りポケモンを触れなかったのがちょっと心残りです笑

 

 

7世代は一応買う予定ですが、どこまでやるかはわかりませんw

ふっと6世代を振り返ってみると、ポケモンを通して色々な人と交流したり遊んだりしてやっぱポケモンはええもんやなぁなんてしみじみしたり、、、

 

今後は忙しくてあまり浮上したりしなくなるかもしれませんが、ぽこ勢の†不穏で楽しそうなTL†を時たま覗こうと思っています。

 

6世代楽しかった、ありがとう!

ではでは

 

【スペレ】S17.61シングル〜じゃんけんのその先へ〜

f:id:nandec091:20160727031222p:image

 

こんにちは、TN:nanです。

今回は久々にとても楽しいスペシャルですね♪

 

S17が始まって約1週間、

現在は試験期間の真っ只中ですが、とりあえず1900に乗ったのでレポートまでに!

 

この記事がこれからスペレをやる方、スペレで勝ちあぐねている方の助けになれば幸いです。^o^

 

では以下早速個別紹介です(^-^)/

 

f:id:nandec091:20160727034752g:image

カイリュー@†ハバンの実

特性:マルス

性格:意地

努力値:ASぶっぱ

技:逆鱗/地震/神速/†アイアンテール

 

ルールが発表された当初から強いとされてきたぽこもん。

 

注目されるという事はやはりそれなりに対策もされており、

鉢巻カイリューや鉢巻ガブ、オノノクスなどマルスケを無視したり火力過多でブチ破ってくる輩がたくさんいる。

そういう人々を分からせる為に†必殺のハバンの実†を持たせた。

 

また拘らないことでジャポ以外のジバコイルに対しても役割を持てた。

 

 Sが準速なのはカイリューミラーに置いてハバンで耐えて逆鱗を2発打ち込むため。

 

Aぶっぱアイアンテールで"甘えた"ニンフィアなら落とせる

 

 やはり相手の役割対象としているポケモンがそれを跳ね除けることが出来るのは強いです。

 

再戦時には警戒されるかもしれませんが、氷以外でカイリューを見てる相手に対しては、「一種の安定した勝ちパターン」を作ることが出来ました。

 

 

 

 f:id:nandec091:20160727034759g:image

ギルガルド@風船

特性:バトルスイッチ

性格:意地

努力値:HAぶっぱ

技:聖剣/影打ち/剣舞/キンシ

 

選出率1位

 

ptが呼ぶゲッコウガジバコイル等に強く、

また風船を持たせることで、多くのドラゴンタイプやサブウエポンで地震を持ってる相手に強くなり、幅広く選出することが出来た。

(拘りドラゴン系には初手キンシから入れば急所引かない限り勝てる)

 

ポリゴンzホルード(こっちはそこまで見ないが)に関しては高レートになってくると聖剣耐えまで振られてる事が多く、返り討ちにあう事が多いので注意。

 

また本来役割を持つはずのニンフィアには勝てないのでこちらも注意。

 

ミラーに関しては初手キンシ→相手フォルムチェンジ→次ターン剣の舞といった風にし、相手に択を与えていけばほぼ勝てた(これに関しては自分の慣れが大きいが)

 

剣舞の枠は他の技が欲しくなる時があるが(ニンフ対面くらい)、100試合近くやってこの技のおかげで拾えた数の方が多かったので基本的にはこれでいい。

(とある方の枠で"地雷かよwww"て言われてて泣いた涙)

 

 

 

 

 f:id:nandec091:20160727034805g:image

トゲキッス@ラム

特性:天の恵み

性格:図太い

努力値:Hぶっぱ.Dメガゲンの反吐爆耐え.余りB

技:エアスラ/大文字/電磁波/羽休め

 

シングルの流用個体

(文字をアンコにして普段使用)

 

 計算したらゲッコウガのゴミ箱、冷凍ビーム

ギルガルドのラスカノ、アイへ

ジバコの10万くらいは耐えるので採用

選出率はドベ

 

ローブシンにあまり出てきて欲しくなかったのとジバコイルを選出誘導する為の枠(ほぼ見せポケ)

 

ごく稀に出すが厳しい相手にもワンチャンは見出すことは出来る。

ギルガルドや遅いジバコ、ラプラスあたりも一応突破可能な事を証明した笑

 

 

 

 

f:id:nandec091:20160727122113g:image

ニンフィア@突撃チョッキ

特性:フェアリースキン

性格:控えめ

努力値:H4.B244.C248.S12(めざ地個体)

技:ハイパーボイス/めざ地/電光石火/破壊光線

 

眼鏡が主流の環境に置いてとてもよくささったチョッキニンフ。

 

Bに厚く振ることで物理アタッカーに対しても強く出ることが出来、

ハイパーボイス→破壊光線で大抵の敵は消えていった。(ニンフミラーも怖くない)

 

眼鏡だと圧倒的に不利なジバコイルも、めざ地面→電光石火で、イバンを無視して処理出来るので環境にいるほぼ全てのジバコを倒せます。

(風船ジバコには一度も当たりませんでした)

 

またクレベースのようなミラコに依存した相手にもめざ地→破壊光線で対応でき、拘っていない強さを感じました。

 

f:id:nandec091:20160727034818g:image

ラプラス@お盆

特性:シェルアーマー

性格:呑気(NOT最遅)

努力値:HBぶっぱ

技:絶対零度/滅びの歌/ダイビング/守る

 

相手の高耐久ぽけ、害悪マン、その他よく分からない謎ぽけに対する回答(滅び→ダイブ→守る)

特性は運負け防止。

 

 

弱点さえつかれなければほぼ全ての相手に勝てるタイマン性能の高さを誇り、

苦手な相手にも零度でワンチャンを見出すことが出来た。

 

こいつより遅い耐久、もしくはドヤ顔でトリックルームしてきそうな相手は零度で分からせた。

 

マリルリやガラガラ、ミラー対面などで相手が滅んできそうだなと感じたら初手ダイブで滅びをかわす。

 

※ダイビングの枠はのろいと選択

ダイブで拾えた試合もあるが、のろいがあれば鉢巻ドラゴンや自分より遅い相手に対しても役割を持てるので一長一短

(鉢巻カイリューやガブは初手鈍いから入ることでお盆こみ2耐えするので守ると合わせて相手の混乱を誘い零度の試行回数を上げることが出来るくらいで、特別有利になるわけではない)

 

 

 

 

f:id:nandec091:20160727034823g:image

サザンドラ@眼鏡

特性:浮遊

性格:控えめ

努力値:H60.C252.S196

技:悪波/流星群/火炎放射/†なみのり

 

ptであまり選出して欲しくない風船ガルドを牽制する枠。

 

Cはぶっぱ、Sは準速ポリゴンz抜きまで振りあまりH。

 

カイリューのおまけで対策されてしまったようなやつで、他のメンバーと比べると得意不得意がはっきりしており、乱用はしないがいざという時のピンポイント読みで選出し、よく出し勝った(これは経験によるものが大きいが)

 

眼鏡を持つことで、ギルガルドはもちろんptで重たい火ロトムポリゴンz、環境によくいるカイリューなど多くのポケモンを飛ばす事が出来た。

 

火炎放射に関してはたまに出てくるナットやハッサム意識。

 

なみのり†に関しては相手のジバコイルのイバンを発動せずに倒す為採用。

 

【雑記】

 

このルールのことをよく「じゃんけんゲーじゃんwww」という方がいますが、

そんな事はありません!!!!!(ドンッ!)

 

運ゲーやじゃんけんゲーと決めつけてしまえば思考はそこで終わりです。

しっかりと戦術さえねれば自ずと勝ちは見えてきます。

 

 

 

今まで色々なスペレを嗜んできた身としては、スペレの上げ方は主に

・環境が固まる前に一気に上げる

・環境を把握して考察し上げる

の2つです(*_*)

 

今期も最初はシングルの流用で1850くらいまで上がりましたが、時間をしばらく開けて環境が固まってくると案の定、勝てなくなり1550くらいまで落ちました。

 

こうなってくると現状やはり環境の考察が必要になってきます。

 

オノノクスジバコイルゲッコウガカイリューマリルリギルガルド…etc

 

上記のようなよく見るようになったポケモン達に勝てなければレートはあがりません(*_*)

 

今回に関しては、ptを組む際に完璧なまでに相性補完をしてしまうと相手の選出があまり読めなくなり選出ジャンケンになりがちなので、

『ある程度は補完が切れて相手の選出を読め、且つ対応範囲の広い6体でptを組む』のがコツだと思います。

 

(僕のptはジバコイルゲッコウガオノノクスなどを選出したくなるような面子が揃ってるのでそれらを返り討ちに出来るように組みました。)

 

しっかり考察さえすれば、初見相手にはほぼほぼ勝てますが、再戦が割と多いルールなのでこう言ったメジャーどころから外れた型は厳しくなります。

 

こういう再戦の多いルールでは、ptが出来次第集中して一気にあげ切ることをお勧めします。(僕はptを変えてからは40戦ほどで1550→1900にのせました。)

 

上げ方としては、1800までは昼間低レートを狩り、それ以降は夜に高レート帯を狩るのが良いと思います!!

 

以上です、ではでは〜ノシ

【ダブル】〜発狂したい人に贈る〜僕らのエルテラリザランド

f:id:nandec091:20151015115943p:image

こんにちは!


今回は良くも悪くもポケモンを†愉しめる†PTを紹介します!!笑


主な戦績:神田さん主催おっぱい杯優勝(個人成績5-1)
ダブルレート最高1950くらい
(S9〜S10に使用)

以下個別紹介

f:id:nandec091:20151015120552g:image
性格:臆病
特性:悪戯心
努力値:Sぶっぱ、残りHB
技:袋叩き/追い風/アンコール/守る

叩きのエルフーンのほぼテンプレ。

"守る"の枠がムンフォなどになってる個体をチラホラ見かけるが、初手ガルーラ対面で安定した行動を取るために、"守る"は必須だと思う。


f:id:nandec091:20151015120045g:image
テラキオン@ロゼル
性格:陽気
特性:正義の心
努力値:ASぶっぱ
技:インファイト/岩雪崩/地震/守る

発狂マンその1

技構成、性格、調整はほぼテンプレ。

他と比べて違うところは持ち物である、フェアリー半減実のロゼル。

初手のガルニンフ対面に置いて安定して立ち回ることができ、あまり認知度が高くない為、上手く決まるシーンが多かった。

一つ言い忘れたけど、
雪崩は信用しちゃダメだよ???


f:id:nandec091:20151015120603g:image
リザードン@リザyナイト
性格:控えめ
特性:もうか
調整:補正無しMガルーラの捨て身耐え
特化霊獣ランドのダブルダメ雪崩耐え
準速70族抜き
余りC
技:熱風/オバヒ/ソーラービーム/守る

発狂マンその2

エルテラの苦手なギルガルドや、モロバレルに強く、追い風下での制圧力はピカイチ。

一つ言い忘れたけど、
いっぱい耐久調整してもこいつ外すし、めっちゃ怯むよ???


f:id:nandec091:20151015120613g:image
ランドロス@スカーフ
性格:意地っ張り
特性:威嚇
努力値:4-196-76-*-4-228
調整:1段階↑の球キザンの不意打ち高乱数耐え
最速スカーフドーブル+1
ダブルダメ地震で"H-4テラキ"最高乱数切り一発。
技:蜻蛉/地震/岩雪崩/馬鹿力


発狂マンその3

このPTでもっとも調整を悩んだぽこもん。

Sの実数値を140(準速実数値は143)にする事で、相手のランドロスがテラキを縛っているか(スカーフか否か)を判断する事が出来る。

火力調整がちょっと変わっているのは、叩きパミラー意識のため。
はかたるびー氏の影響で、環境にヨプテラキが少し流行っていた為、
馬鹿力で倒せない事もしばしばあり、こういう調整となった。

相手のPTにキザンが見えていても初手選出せざるを得ない時があった為、耐久調整は必要だった。

†相手のランドに怯まされ、岩雪崩を外す運命†


f:id:nandec091:20151015120121g:image
性格:控えめ
特性:バトルスイッチ
努力値:HCぶっぱ
技:シャドボ/ラスカノ/身代わり/キンシ

PTの補完枠その1。

耐性の多さゆえに安定した立ち回りが出来る。
トリパ相手の時などには積極的に選出していく。
リザやランドと並べるとワイガ持ち読みで行動をされる事が多く、身代わりが決まるシーンも多かった。


ガルーラの冷パンとオコリザルの岩雪崩でなぶり殺しにされた過去を持つ。


f:id:nandec091:20151015120626g:image
ミロカロス@オボン
性格:控えめ
特性:勝ち気
努力値:252-*-116-52-4-84
調整:補正有りガルーラの捨て身お盆込み確定耐え
自己再生、お盆の効率を考えH=2n
2段階↑のこご風で1段階↑球キザン不意打ち耐えランド確定1
こご風後最速100族+1
技:熱湯/こご風/ミラコ/自己再生

PTの補完枠その2

ここまでで重たい、ヒードランやバンドリマンダを牽制するぽこもん。

再生を持つことで、終盤の詰め筋となる事も多く、また†必殺†のミラーコートでリザやサーナイトを分からせることも出来る。

持ち物に関してだが、サイクル戦になる事もしばしばあり、繰り出し性能を高めるためにオボンを持たせた。

???「なんでランドにこご風外すんじゃ〜www」


【選出】
初手f:id:nandec091:20151015121212g:imagef:id:nandec091:20151015121217g:image
控えf:id:nandec091:20151015121340g:imagef:id:nandec091:20151015121335g:image
基本はこの4体で選出。
1800くらいまでならサクサクいけるはず。

f:id:nandec091:20151015121212g:imagef:id:nandec091:20151015122534g:imageの時
初手f:id:nandec091:20151015121340g:imagef:id:nandec091:20151015121335g:image
でランド地震、リザ熱風でおk


f:id:nandec091:20151015121340g:imagef:id:nandec091:20151015123921g:imageの時
初手f:id:nandec091:20151015121217g:imagef:id:nandec091:20151015121212g:image
控えf:id:nandec091:20151015121340g:image

初ターン
テラキ引っ込めランド、エルフ追い風
次ターン
ランド蜻蛉返り→テラキ、エルフ叩き
でほぼいけます。
ランドの蜻蛉は相手のランドロス側に撃ちましょう(ボルト側は守る可能性が高い為)

f:id:nandec091:20151015121212g:imagef:id:nandec091:20151015121217g:image
初手f:id:nandec091:20151015121340g:imagef:id:nandec091:20151015121335g:image
ランド地震、リザ熱風で相手の想定されるほぼ全てのパターンに対応出来ます。
(威嚇入れればリザはテラキの雪崩は確定耐え)

対CHALKの時
初手f:id:nandec091:20151015173646g:imagef:id:nandec091:20151015173613g:image
このPTなら相手は99.9999…%の確率でガルクレセが出てきます。
テラキは初手守る、ギルガルドは身代わりで確実にアドを取れます。



【最後に】
このPT使ってる時に、
「これは、2000行くな〜」て思いましたが、命中不安使っている以上、肝心なところで外して負けたりします笑

基本的に全てのPTに対して互角以上に対応出来る、と思ってたのですが、バンドリマンダ+キノガッサ、みたいなPTは滅茶滅茶キツいです笑

ものすごく雪崩を撃たれるので、
良くも悪くもポケモンを†愉しむ†ことができます^-^)/

「はぁ〜??糞ゲーかよ!?!?(°〜°)」
てやってる時がもっともポケモンやってる気がしますよねw


では今回はここまで!ノシ

【スペレ】S11上位禁止ダブル、他ルール流用スタン



f:id:nandec091:20150729170349p:image

こんにちは
少し需要があるみたいなので、シーズン途中ですが、今回はS11のスペレのPTを紹介したいと思います。
(たぶん僕はもう潜りません)


色々ころころ変えながら潜ったので具体的な戦績は覚えてませんが、参考までに
f:id:nandec091:20150729161901p:image


以下個別紹介


f:id:nandec091:20150729170649g:image
メタグロス@メガ石
特性:クリアボディ→硬い爪
性格:意地っ張り
HAぶっぱ
技:アイへ/バレパン/思念の頭突き/冷パン


もともとチョッキグロスとして孵化育成してた個体にメガ石を持たせた流用個体

冷パンはチョッキだった頃の名残で、利点は思念と違い、安心してサンダーなどに撃つことができる、くらいしかありませんでした笑


"メガグロスの強さはその素早さにある"と言う方も多いと思いますが、普段のグロスに火力と耐久が上乗せされた物、と思えばそこまで気になりませんでした。

ウインディフレアドライブ、サザンの悪波くらいなら確定で耐えてくれます(^-^)/



f:id:nandec091:20150729170643g:image
特性:浮遊
性格:控えめ
技:悪の波動/流星群/大地の力/守る
CSぶっぱ


メタグロスとの相性補完。
対雨などには積極的に出して行ったが、それ以外での選出率は低め。

フェアリーが手持ちに見えたらまず出さない(^^;;


f:id:nandec091:20150729170638g:image
サンダー@光の粘土
特性:プレッシャー
性格:控えめ
技:10万ボルト/光の壁/電磁波/羽休め
調整:忘れた()


スペレの大御所、と言えばやはりこの人。
実際はあまり選出機会はなかったが、
対雨や、特殊よりな相手に対して壁を張ることによって、後述するチョッキマリルリでルンパやサンダー、ユキノオーあたりにも殴り勝つことができた。


追い風ではなく、電磁波を採用したのは、PT全体のパワーが全国ダブルほどなく、追い風ターン中に勝負を決めれると判断しなかったため。


めざ氷や熱風が欲しい場面はあまりなく、光の壁による恩恵はかなり大きかったと思う。(壁下のグロス、チョッキマリルリの圧倒的安定感)



f:id:nandec091:20150729170707g:image
マリルリ@チョッキ
特性:力持ち
性格:意地っ張り
技:滝登り/じゃれつく/アクジェ/馬鹿力
実数値:200-112-102-*-103-74


お盆マリルリにチョッキを持たせて流用。

Sを4振り50族(つまりマリルリ、実数値71)を意識して少し多めに振ったもの。

マリルリで相手のマリルリの水技に受けだし→相手へじゃれつく、みたいなことが多々あったので相手のマリルリより速くあることはとても重要だと思います。


環境ではお盆マリルリをよく見ましたが、個人的にはチョッキの方が動かしやすい場面は多かったです。



f:id:nandec091:20150729170457g:image
ウインディ@オボン
特性:威嚇
性格:意地っ張り
技:フレドラ/ワイルドボルト/しんそく/守る
調整:Aぶっぱ準速70族抜き、残りH


今回の環境に置いて、1、2を争うほどの強さを誇るポケモン

対雨パ以外にはほとんど選出した。

グロス、ウルガモスをみる枠として採用していたので、場持ちを意識してのオボン。

珠を持たせれば、無振りウルガやグロスはフレドラで1発で持っていけるのでそこは選択。


当初はワイルドボルトの枠をサザングロス意識でインファイトにしていたが、
ドヤ顔で出てくるマリルリを分からせる為変更した。



f:id:nandec091:20150729170514g:image
キノガッサ@スカーフ
特性:テクニシャン
性格:陽気
技:胞子/種ガン/馬鹿力/岩石封じ
ASぶっぱ


今回のMVPと言っても過言ではないだろう。

現環境に置いて"最強"のポケモンはこいつだと思っている。

全国ダブルと比べて猫持ちが少なく、
(主にガルーラだが笑)
また天敵のファイアローもいない為、
初手から積極的にアドを取ることが出来る。


盤面がいかに有利対面であっても、基本胞子から入る(というより胞子しかほぼ撃たない)
そうすることで、交代先にもしっかりと負荷を掛けられ、ワンサイドゲームを作ることができる。


つよい。


【選出】

対雨の場合はサンダー+@で選出。

それ以外は基本キノガッサ+@で選出。


ほぼガッサ、マリルリ、グロス、ウインディといった選出だったが、基本的にはこの4体で勝てた。


過疎ゆえに再選が何回かある為、ガッサのスカーフが割れた相手には、ガッサのスカーフを意識した選出をしてくるので、初手からはあまり出さないのが吉。



【最後に】

急所当たらなきゃ勝ち→うわあああああ

ヘド爆、毒らなきゃ勝ち→うわあああああ

思念の頭突き当てれば勝ち→うわああああ

じゃれつく当てれば(etc…


などとなる場面が多々あると思います(僕はありました笑)


全国ダブルとは違ったメンツでダブルを楽しむ分には問題ないのですが、
総合やる為や、ただレートを求める人にとっては結構辛いものです。

が、萎えずに潜り続ければおのずとレートは上がるので、自分を信じて根気強くいきましょう。

あとスペレの枠があるときは比較的、マッチングがましなので積極的に潜りましょう!


今期総合やる人は頑張って下さい!

では!